• 事務受付時間

    月 - 金 14:30~18:30
  • メールアドレス

    igo@kishinoigo.com

囲碁

新着ニュース

イベントも全てオンラインで行ないますので、ご自宅からご参加頂けます。
棋士の指導やイベントの一部は非会員の方のお申込みも可能です。

申し込みはこちら
  • 2021/9/1

オンライン囲碁合宿

【日時】
プライベートレッスンコース・ファミリープラン:緊急事態宣言期間中
※この期間内で1週間受講して頂きます。
※7日間連続じゃなくてもOKです
【参加費】
プライベートコース:73,500円(税込 80,850円)
ファミリープラン:追加1名ごとに半額で承ります
※全て別々に申し込むと通常コースで15万円程度の内容になります
【お支払い方法】クレジットカード・お振込み
【内容】 別ページをご覧ください
※お申込みは随時承ります
※各回とも、ZOOMでの開催になります。
※別に(公財)日本棋院の幽玄の間有料会員登録は必須です(学割料金 1,100円税込/月)

申し込みはこちら
  • 2021/9/1

オンライン親子囲碁入門体験会

【講師】 (公財)日本棋院棋士 原 幸子 プロ
【場所】 Zoomによる開催
【対象】 幼児~高校生までのお子様とその保護者様
【ご体験価格】 5,500円(税込)/90分
【日時】第三希望までお知らせください
【内容】 別ページをご覧ください                      ※囲碁サロン・会社・学校・自治体などのイベントとして開催希望の場合 33,000円~(2時間)内容は以下メールにてご相談に応じます。
【日本棋院こども囲碁サロン支部】
igo@nihonkiin-kodomo.com

申し込みはこちら

こども囲碁サロンオンライン校ご入会申し込み(緊急事態宣言期間中限定※終了しました)

緊急事態宣言再発令に伴い、緊急事態宣言期間中のみ、ご入会金を0円とさせて頂きます。

ご自宅で過ごすことが多くなるこの機会に、お子様の学ぶ機会を是非囲碁で!

自粛生活のお子様方を応援するために、全国どこかの地域が緊急事態宣言が出されている間のみの特別プランになります。

☆1ヶ月の月謝 22,000円(税込)のみでご入会頂けます。月の途中でご入会されても、ネット対局の登録手続きなどもございますので、余裕を持って1ヶ月以上ご利用頂けるように致します。

★囲碁のルールを知らないお子様も、最初のレッスンを入門講座にさせて頂きますので、ご安心ください。

棋士の囲碁スクールとは


棋士の囲碁スクールは、オンライン専用の日本棋院棋士の囲碁スクール支部と、こども専用の日本棋院こども囲碁サロン支部を運営しております。日本棋院こども囲碁サロン支部のオンラインレッスン(こども囲碁サロンオンライン校)は、こちらの日本棋院棋士の囲碁スクール支部が担当しております。

こちらでは、大人からこどもまで、インターネットがつながる方でしたらどなたでも、棋士の指導を受けることができます。

棋士の囲碁スクールは、今までなかなか接点を持つことができなかった、全国各地の方々と、棋士を直接つなぐ懸け橋となります。

  • • ご近所に囲碁教室がない方
  • • 独学で伸び悩んでしまった方
  • • 海外在住の方
  • • 出張中にも棋士の指導を受けたい方
  • • ご家族全員で多面打ちのプライベートレッスンを
  • • 高段者や指導者レベルの方のご自身の学びのため
  • • 感染症対策で外出自粛中も本格的な学びを続けたい方
  • • ご自宅で過ごしながらプロを目指したいお子様に
  • • 多忙のため都合の良い時間に効率の良い勉強をしたい方
  • • 棋士を応援してくださる方
  • • 出張料の負担をなくしたい方
  • • 棋士派遣を依頼したいが対面では難しい場合

など、あらゆるご要望に対応することができます。また棋士の中には、多言語に対応できる棋士もおります。こちらで紹介されていない棋士でも、仲介することができます。全員の方とオンラインでつなぎ、イベントや入門講座なども可能です。非会員の方の単発のお申込みも可能ですので、何なりとご相談ください。

幅広い囲碁の勉強方法を、オンラインで全て提供します

~ご自宅で学ぶ全てをプロ棋士が直接サポート~

対局する

年中無休24時間、世界中の方と練習対局や、プロの対局の観戦もできる環境を提供します。接続の仕方や操作がわからないなどは、専門のサポートセンターもあるので安心です。一般の方や囲碁AIとの練習対局、仲間を見つけて対局申し込みをするなど、その時の気分に合わせて対局を楽しめます。(ネット対局システムとして、公益財団法人日本棋院直営の『幽玄の間』を利用)

問題を解く

プロ棋士が各棋力に合った問題を作成し配信、『ちょこっと囲碁』で毎日ご自身のペースで少しずつ囲碁の勉強ができます。問題や解答が配信されると通知が出るため、自然と続けることができ大きな力に。その場で解答を送信して答え合わせをすることができます。入門者から高段者用まで10段階の棋力帯を用意。会員のみのサービス。わからないことがあればプロ棋士に質問も可能です。

グループレッスン

全国の棋力の近いこども達と一緒に、プロ棋士のグループレッスンを受けられます。レッスン内で打たれる全ての対局に、プロ棋士がオンライン上で入室して指導します。レクチャーは画面共有だけでなく、全員で次の一手クイズや、生徒が先生の碁盤上に解答を示すこともできます。レッスンでお友達になった生徒同士で、普段ネット対局をすることも。全国のこどもたちと良いライバルに。(こどものみ)

プライベートレッスン

プロ棋士が、ご自宅に伺って、直に指導しているような状態になります。お一人お一人に合わせた指導を、何でもご要望の形で行います。まだお一人で操作が難しい小さなお子様は、保護者の方とご一緒に受講して頂くことになります。ご家族でご一緒に受講も可能。解説を一緒に聞くだけでなく、全員と多面打ちなどのご要望にもお応えします。いつでもご希望の日時に可能な棋士を手配します。

ネット指導碁

通常の指導碁は一局いくらですが、こちらでのネット指導碁は予約した時間内で何局でも指導を受けることができます。まだ小さな盤で対局していて、あっという間に終局してしまう初心者の方でも安心です。Zoomも併用しており、担当棋士とコミュニケーションも可能。

昇段・昇級に挑戦する

プロ棋士から認定を受ける、オンライン段級位認定大会(こどものみ)に参加するなど、様々な方法で昇段・昇級に挑戦することができます。公益財団法人日本棋院の正式な免状取得も可能です。9級から免状がありますので、取得して是非履歴書の特技欄へ!

観戦する

利用するネット対局システムである「幽玄の間」は公益財団法人日本棋院の直営。日本や世界のトッププロの対局から一般の方の対局までいつでも観戦し勉強することができます。「幽玄の間」有料会員としての全てのサービスを受けることができます。(会員オプション)

動画講義を見る

会員サイトにて動画講義を見ることができます。テレビやイベントでしか見られないような有名棋士の講義も! 繰り返し見ることができるので、一回では理解できない内容があってもしっかり身に付けることができます。ここでしか見られない貴重な講義でプロ級までカバー

-->

日本棋院棋士の囲碁スクール支部会員

毎日好きな時に囲碁に取り組んで、つねに身近に棋士がいます


生まれて初めて囲碁を打つ方からプロ棋士を目指すお子様まで、全ての棋力と年代の方が対象。

【入会金】

お一人 20,000円(税込み22,000円)、ご家族 30,000円(税込み33,000円)


【年会費】

15,000円(税込み17,500円)


〇年会費に含まれるもの

  • 会員サイト利用料
  •     [連絡・予約・支払い・講義動画視聴・オンライン授業システム]

  • 日本棋院会員費
  •     [日本棋院有料会員として、公益財団法人日本棋院の特典を受けることができます]


    【受講できるレッスン&特典など】

  • 1. セミナー講義などイベントの割引受講&録画を会員サイトにて視聴可能
  • 2. 動画講義を会員サイトにて視聴
  • 3. 棋力に合わせた問題『ちょこっと囲碁』配信(営業日毎日!・解答送信機能付き)
  • 4. グループレッスン(こどものみ)
  • 5. プライベートレッスン割引受講(ご家族で同時受講も可)
  • 6. ネット指導碁(多面打ち2時間・1面の場合1時間,何路盤でも何局でも可)
  • 7. 対局の手直し(講評)の収録動画を会員サイトにて視聴可能
  • 8. オンライン段級位認定大会など大会、検定(準備中)
  • 9. ネット対局システム『幽玄の間』登録仲介&利用料立て替え

  • 講師陣は全員プロ棋士

    大会審判・動画講義・レッスン・指導碁などにご協力頂いている先生方です。(公財)日本棋院の棋士派遣基準に基づき、オンラインでの指導などのご相談も承ります(非会員の方もご利用可能です)

    ①名前/ふりがな

    ②所属•段位
    ③生年月日/出身地/日本語以外の対応可能言語
    ④囲碁をはじめた年齢/プロ棋士になった年齢
    ⑤こどもの頃の経歴・実績
    ⑥大人になってからの経歴・実績

    ※公益財団法人日本棋院の現在の制度では、プロになるための養成機関である院生に入れるのが14歳を迎える年度までで、六段以上で書類審査や試験碁を受け合格する必要があります。
     院生に入り毎週研修を続けていても、プロテストを受けられるのは上位勢のみ。プロになれないと17歳までで卒業となります。一年度ごとに成績上位の既定の人数(採用試験の種類ごとに数名)が、プロ棋士になることができます。
     採用試験の種類に応じて、院生以外(外来)からも受験することができますが、それも22歳までとなります。その年齢を超えてしまうと、プロ棋士になることはできません。
     そのためプロを目指す年齢はたいがい小学生の頃となり、14歳までに院生になるために、親元を離れて・来日して・家族で転居するなどの大きな決断をすることになります。

    山下敬吾/やましたけいご

    ◇日本棋院東京本院・九段
    ◇1978年9月6日生/北海道旭川市出身
    ◇5歳で碁を始め、14歳でプロ棋士に
    ◇小学2年生頃までに、高校3年生相当までのくもん教材(数学・国語・英語)を修了したことで、当時全国の進度上位者として公文本部にて表彰される。特に「算数の山下」と呼ばれ有名に
     小学2年生の時、現文部科学大臣杯全国少年少女囲碁大会で優勝(井山裕太さんと並び年少学年記録)
     小学3年生でプロ棋士を目指して上京。全国少年少女囲碁大会で準優勝
     小学4年生の時、全国少年少女囲碁大会で準優勝
     小学5年生で日本棋院の院生に入る
    ◇棋聖・名人・本因坊ほか、タイトル獲得数23
    「本因坊道吾(ほんいんぼうどうわ)」の称号を持つ
     棋道賞最優秀棋士賞・優秀棋士賞・記録部門・ジャーナリストクラブ賞など、受賞歴多数
     プロ入りから25年7か月で通算1000勝達成は史上最速記録
    旭川市民栄誉賞・北海道栄誉賞受賞

    依田紀基/よだのりもと

    ◇日本棋院東京本院・九段
    ◇1966年2月11日生/北海道美唄市で生まれ、岩見沢市で育つ
    ◇10歳の夏に囲碁を始め、14歳でプロ棋士に
    ◇10歳の時、赤旗囲碁大会空知地区優勝・北海道本部主催初段戦優勝
     11歳でプロを目指して単身上京。親戚の家から院生に通う
     12歳の夏、安藤武夫七段門下となり内弟子に
    ◇世界戦・名人戦・NHK杯など、タイトル獲得数36
     秀哉賞・棋道賞優秀棋士賞・国際賞・記録部門など受賞歴多数
     30歳の時から岩見沢市全域の小中学校の生徒に、テレビ会議システムを使って指導。その後、全道依田杯争奪子供囲碁大会を毎年開催(共に岩見沢市主催)
     入門から教えた生徒が複数、文部科学大臣杯団体戦全国大会で優勝するなど、伸び悩みなく飛躍的な上達をさせる指導には多くの実績がある。手筋の原理である筋場理論もこの時こどもたちに指導していた頃に発見したもの。なお、現在ではわかりやすくするため、アキ三角サカレ形理論と改名

    石倉 昇/いしくら のぼる

    ◇日本棋院東京本院所属・九段
    ◇1954年6月22日生/神奈川県横浜市出身
    ◇5歳の頃に囲碁を始め、25歳でプロ棋士に
    ◇麻布高校時代、全国高校囲碁選手権優勝(2年)・団体戦優勝(3年)、東大時代、全日本学生本因坊戦優勝(4年)
     東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に就職するも、棋士の道を目指し退職。外来からプロ試験に参加
    ◇棋聖戦各段戦優勝・準優勝、大手合第一部全勝優勝、最高棋士決定戦出場など
     棋道賞新人賞、テレビ囲碁番組制作者会賞、日本囲碁ジャーナリストクラブ賞受賞
     延べ5年間NHK囲碁講座講師担当、著書多数
    深い知識とわかりやすい解説で絶大な人気を誇る
     日本棋院内において、大学で授業を担当する棋士たちへの教え方の講師も担当
    東京大学客員教授・特任教授を歴任

    青木紳一/あおきしんいち

    ◇日本棋院東京本院所属・九段
    ◇1965年6月9日生/神奈川県出身
    ◇8歳で囲碁を始め、17歳でプロ棋士に
    ◇現文部科学大臣杯第1回少年少女全国大会中学生の部優勝
     17歳で、朝日アマ名人戦東京都代表として全国大会に出場、その後、外来でプロ試験対局に参加
    ◇俊英トーナメント優勝・NHK杯準々決勝進出・OVER40早碁トーナメント戦準優勝など
     文化庁の文化交流使として、オランダ オーストリア ドイツ スロバキアにて、半年にわたり囲碁指導、普及活動を行う。その他、オーストラリア各地やスウェーデンで開催されたヨーロッパ囲碁コングレスなどで囲碁指導
     神奈川大学囲碁授業「日本の伝統文化と地域連携」、横浜市立大学で経営戦略論の講義の一環として囲碁から見た経営戦略の講義を行う

    有村 比呂司/ありむら ひろし

    ◇日本棋院東京本院所属•九段
    ◇1972年10月2日生/宮崎県日向市出身
    ◇9才の時に囲碁を始め、16才4月プロ棋士に
    ◇少年少女囲碁大会全国大会に宮崎県代表2回
     全国大会出場時に東京で安藤武夫七段宅にお試し内弟子1ヶ月を経て、小学校5年生の10月に正式に内弟子となり、院生に
    ◇棋聖戦各段戦優勝・準優勝、十段戦本戦入りなど
     カルチャーセンターや小学校での囲碁指導を長年継続しているほか、幼稚園や保育園、琉球大学の授業担当など
     日本棋院ジュニアスクール担当

    前田 良二/まえだ りょうじ

    ◇日本棋院東京本院・八段
    ◇1960年7月13日生/熊本県出身
    ◇13歳の時、学校の囲碁クラブで囲碁を始め、21歳でプロ棋士に
    ◇高校生の時にプロを目指し、棋士の指導を受ける
     高校3年生の時、文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権で全国4位
     アマ本因坊戦東京大会優勝などののち、プロ試験に外来予選から受験
    ◇長年、日本棋院などで囲碁教室を多数担当
     筑波大学非常勤講師
     東京理科大学非常勤講師

    遠藤 悦史/えんどう よしふみ

    ◇日本棋院東京本院所属・八段
    ◇1971年8月5日生/北海道岩見沢市出身
    ◇ 8才の時に囲碁を始め、 18才でプロ棋士に
    ◇10才の時に少年少女囲碁大会全国大会出場
     11才で単身上京、大枝雄介九段門下で内弟子になり院生に
    ◇NHK杯出場、王座戦、天元戦本戦入りなど
     北海道大学で囲碁指導
     北海道岩見沢市の小学校数校で囲碁指導
     夕張郡由仁町在住。プロ棋戦の対局の度に上京しながら、地元での囲碁普及でも活躍中

    林 子淵/りん しえん

    ◇日本棋院東京本院所属・八段
    ◇1978年6月10日生/台湾出身/中国語も対応可能
    ◇6歳で囲碁を始め、16歳でプロ棋士に
    ◇12歳で単身来日して、林海峯名誉天元の内弟子となり院生に
     張栩元名人とは同時期に内弟子生活を共にする
    ◇阿含桐山杯準優勝・碁聖戦挑戦者決定戦進出など
     日本棋院特別高段クラス、ジュニア中級クラス担当

    菅野 昌志/かんの まさし

    ◇日本棋院東京本院・七段
    ◇1967年10月28日生/東京都出身
    ◇小学5年生の時に囲碁を始め、21 歳でプロ棋士に
    ◇父・妻も棋士
     小学6年生の頃、日本棋院の院生に
    ◇棋聖戦各段戦準優勝2回など
     小.中.高校の入門講義500回以上
     会社での入門講義500回以上
     一男一女の子育ては、保護者会参加から家事までこなすスーパーパパ

    佃亜紀子/つくだ あきこ

    ◇日本棋院関西総本部所属・六段
    ◇1971年11月25日生/大阪府高槻市出身/関西外語大学英米学科卒
    ◇6歳頃に囲碁を始め、小5で院生に。大学4回生の春21歳でプロ棋士に
    ◇少年少女囲碁大会大阪府代表、女流アマ選手権全国大会出場
    ◇第13回女流本因坊挑戦者
     第1回マインドスポーツゲームズ国際競技会日本代表
     第2回SENKO CUPワールド碁女流最強戦4位
    ◇テレビ囲碁制作者会賞受賞(読売TVやNHK–BS囲碁番組の司会など)
    ◇活動は関西中心、囲碁イベントの司会、日本棋院梅田囲碁サロン、茶屋町囲碁サロンにて指導碁など
     2013年4月からから2019年3月まで6年間、院生師範を務める
     小学校で年間約100回囲碁講師
     2人の子供を育てる

    原 幸子/はら さちこ

    ◇日本棋院東京本院所属・四段
    ◇1970年12月13日生/東京都出身
    ◇8歳頃囲碁を始め、16歳夏プロ試験通過、17歳4月よりプロ棋士に
    ◇9歳の時、現文部科学大臣杯第1回少年少女囲碁大会全国大会6位、女流アマ選手権全国大会出場
     10歳で日本棋院の院生に
    ◇NHK「囲碁の時間」8年間レギュラー出演、全国縦断囲碁フェスティバルNECカップ囲碁トーナメント戦に約10年間同行、全国を廻る
     数年ずつの育児休暇を経て、復帰後は(公財)日本棋院の評議員・監事・理事・常務理事を歴任
     経済産業省認可AJC全国学習塾協同組合 理事
     東京工業大学非常勤講師
    日本棋院こども囲碁サロン支部代表

    金艶/キンエン

    ◇日本棋院東京本院所属・四段
    ◇1964年12月15日生/中国 上海市出身/中国語・上海語も対応可能
    ◇9才の時に、学校で算数の成績がトップクラスの生徒に囲碁を習わせるという国の政策により囲碁を始める/26歳でプロ棋士に
    ◇上海理工大学卒業
     23歳の時来日
     24歳で全日本女流アマ選手権戦優勝
    ◇日本棋院ジュニア囲碁スクール講師
     ご息女の 徐 文燕さんも日本棋院東京本院所属のプロ棋士

    古庄勝子/ふるしょうかつこ

    ◇東京本院所属・三段
    ◇1943年7月8日生/東京都千代田区出身
    ◇14歳で囲碁を始め、26歳でプロ棋士に
    ◇16歳の時に日本棋院院生に
    ◇入段後、プロ棋戦に2年半出場するが、育児と家業(旅館)に従事する為、13年間手合いを休場。復帰後は幼稚園・小学校等でも囲碁指導。幅広い世代の指導を得意とする

    菅野尚美/かんの なおみ

    ◇日本棋院東京本院所属・三段
    ◇1964年11月6日生/東京都出身
    ◇3歳の時に囲碁を始める
     祖父・叔母・夫も棋士
    ◇女流アマチュア選手権全国大会出場(小学6年)
     12歳(中学1年)の時、日本棋院の院生に
    ◇女流本因坊戦準決勝進出・挑戦者決定戦進出など
     平成18年、通算200勝達成
     一男一女を育てる。

    重野 由紀/しげの ゆき

    ◇日本棋院中部総本部・二段
    ◇1965年12月18日生/新潟市出身/英語・イタリア語も対応可能
    ◇小学2年生の時に父から教わり小学校卒業と同時に名古屋の島村俊廣九段に入門し内弟子となる。/20才入段。
    ◇1997年から約10年間イタリア、ミラノを拠点にしてヨーロッパ各国に中心に30カ国程を囲碁活動にまわる。
    そうした経験を生かし2006年から2014年まで国際囲碁連盟の事務局長を務め、2010年杭州アジア大会で初めて囲碁がオリンピック競技に採用された際の技術責任者になる。 2016年から2020年まで、中部総本部の常務理事を担う。
    名古屋大学国際教養学科で留学生にむけた英語で囲碁を学ぶ「囲碁の世界」講師を務める。